誰にでもできる!苦手な人に対応する方法

あなたは、苦手な人っていますか?

例えば、、、

・挨拶をしてもそっけなく、会話にならない人
・いつもイライラしていて、話しかけにくい人
・人によって態度を変えたり、裏表の激しい人

などなど・・・

わたしも古くは学生時代から、特に以前の職場に勤めていたくらいまでは、誰かしら苦手意識のある人がいました。
ある時、自分の中でいくつかのポイントに絞って発想を転換した時から、苦手だと感じる人が激減したのです。

今回は、苦手な人との人間関係を攻略する、もしくはそれによるあなたのストレスを軽減させるための3つのアドバイスをシェアさせていただきます。

■苦手なあの人の意外な一面を知る?!

苦手だなって感じてしまい、それが積み重なると、どうしてもその方の本質的な部分は見えなくなってしまいがちですよね?

でも、どんなに厳しい上司も、お子さんの前ではデレデレかもしれない。
普段は無口でクールそうに見える後輩も、アニマル映画を観て号泣してるかもしれない。

なんて想像をしてみると、いかがでしょうか?

そんなイメージは全然できない!という場合には、その方のことを少しだけ観察してみてください。
できるだけ、良いところを見つけるように意識して、その方の行動や発言をじっと見つめてみましょう。

1つ良いところが見つかると、苦手だと思っていた人のかわいいところやクスっと笑ってしまう一面が見えてくるかもしれません。

それだけで、苦手意識が少し和らぎますね。

■嫌い嫌いも好きのうち? 〜逆転の発想〜

わたしも以前の職場で経験があるのですが、いつも『でも・・・』って言う方って、あなたの周りにはいらっしゃいませんか?

何か提案をしても、必ず一言目は『でも』

『でもそれ難しくない?』
『でもそれだと時間かかりすぎない?』
『でもそれって手間じゃない?』

わたしはこの『でも』がとても苦手でした。

どちらかというと、決定的なリスクが無く6割くらいの勝算があるなら『とりあえずやっちゃおうぜ』派のわたし。
なんでもかんでも『でも』と言って、いちいち議論を戻したり調べたりするこの方のことを、失礼ながら“仕事が遅い”と見下していたのかもしれません。

石橋を叩きすぎて結局渡らないタイプ、腰が重く新たなことにチャレンジすることを恐れ、スタートダッシュができない人、、、さっさと走り始めたいわたしとは合わないなと感じていました。

ある時別の先輩に『アイツは少し慎重すぎるところはあるけど、みんなが気づかないリスクに目を向けられるし、やると決めたら走るタイプだよ』と言われたのです。

正直、そんな風に捉えたことは無かったので、目からウロコでした。

・腰が重い=熟考タイプ
・新たなことにチャレンジすることを恐れ=リスクヘッジなど慎重に進める
・スタートダッシュができない=マラソンのようにスタートしたら堅実

このように、自分の感じている印象だけではなく、良く言えばこう、悪く言えばこう、というように、表現の方法を変えてみる努力をしてみました。
いわゆる逆転の発想というものです。

あなたの苦手なあの人のことも、普段自分が思っているイメージをプラスの言葉で表現してみませんか?

世の中には、いろんなタイプの人がいます。
いろんな価値観があり、人によって優先順位が違うからです。

わたしは効率重視タイプ。前例の方は成功率重視タイプ。
他にも、例えば仕事の満足度重視の人もいれば、収入重視の人もいますよね?

人は『みんなちがって、みんないい』の考え方で、こういう人もいるよね〜と受け流せるようになると、あなたの心の負担が軽減されることでしょう。

■こっそり心を遮断する大人の対応とは?

さて、それでもどうしても折り合いがつかないこともあると思います。
どうしようもなく意地悪な人、八方美人すぎる人、言われのない嫉妬をしてくる人、生理的に無理な人、、、などなど。

そんな時は、究極は無視することです。

とはいえわたしたちはもう大人ですから、挨拶もしないとか、必要最低限の会話にも返事をしないとかは、あなたの人間性を下げるのでNGです。

心の中で、そっとシャッターをおろすことも必要ということです。

環境を変えてしまうことも選択肢の一つでしょう。
ただ、人間関係が理由で転職をしたとして、新しい勤め先の人間関係が上手くいく保証はありませんから、そこはくれぐれも慎重に。

転職の他にも、行きつけのカフェやバーを見つけてみるとか、社会人コミュニティに参加してみるというのも、環境を変えるきっかけにはなりますね。


■まとめ

自分の好きな人とだけ、気の合う人とだけ、過ごしていられたらそんなに楽なことはありません。

しかしわたしたちが日常生活を送る上では、仕事においてもプライベートにおいても“人間関係”というのは避けて通れないもの、、、

だったら、自分の心の持ち方で出来るだけストレスを軽減し、スムーズなコミュニケーションができたら良いですよね?

まずは身近なあの人の良いところ探しから、一歩ずつ始めてみることをオススメします。

ビジネス交流会やパーティーでうまく立ち回る方法

あなたは、交流会に参加したことはありますか?

交流会といえば、数年前までは名刺交換会のような異業種交流会をイメージすることが多かったと思います。

最近では、お茶会からパーティから、規模も趣向も本当に様々ありますよね?

大規模イベントに参加したことのある方からよく聞くお悩み、、、

・全然人脈が増えない
・連絡先交換できない
・繋がった人とも再度会えない
・求めている人脈ではなかった

などなど・・・心当たりのある方もいらっしゃるのでは?

今回は、大規模イベントを最大限活用するための3つのアドバイスをシェアさせていただきます。

■オレオレアピールしすぎ?!

新しい人脈が欲しいなと思った時、直接お会いするのが一番効率よく短時間でコミュニケーションを取れます。

相手をデートに誘い、約束をします。
待ち合わせをして、相手を待つワクワク感!たまりませんね。

女性は前日からコーディネートを考えたりお肌の手入れをしたり、男性もいろいろプランを練ったりしますよね。

・相手がどうしたら喜んでくれるか
・相手がどうしたら自分を気に入ってくれるか

会えたらもう、二人の世界です。

ビジネスも同じですね。
アポイントの前には相手のリサーチをします。
どんなことを求めているのか予測を立てます。

それから相手に対して自分が何を提供できるか、もしくは自分の持っているアイテムを
どうしたら相手に必要と思ってもらえるかを考えます。

面白いことに、恋愛でもビジネスでも、人と人とが繋がって関係を築いていくということは、根本は同じなんですよね。

そう、まずは基本の一対一。とても大切な、人脈拡大の第一歩です。

イベントも同じです。イベントは、短時間で一気に新たな人脈ができます。
もちろんそれは“知り合いになった”程度かもしれません。

それでもまず、知り合いが増えなければ一対一でお会いすることも出来ず、本当の人脈拡大には程遠いでしょう。
まずはイベントに参加して知り合いを増やし、その中でいかに次のお約束に繋げることができるかがポイントです。

では、あなたが『また会いたいな』と思うのはどんな人ですか?
もしくは『もう二回目は無いな』と思うのはどんな人ですか?

・だいたい相手の事は聞き出せたから、再度会わなくてもいいかな
・相手ばっかりしゃべって、全然会話のキャッチボールにならなかったな
・こっちがちょっとしゃべるとすぐ否定したりかぶせたりしてくるな

などではないでしょうか?

要するに、イベントで初めましてのタイミングでは、あまり自分のことを語りすぎるのはNGということです。

イベントの中では『オレがオレが』ではなく、相手の事を引き出す側に徹することが大切です。
あなたとおしゃべりしていると、心地がいいな、また会いたいな、と思ってもらえたら良いですよね?

■その時出会った人とは99%ビジネスには繋がりません!

あなたの周りに『今回の交流会は収獲ゼロだわー』と言っている人はいませんか?

その人が“収獲がゼロ”だったと感じたのはなぜでしょう?

・営業に行ったのに、似たような営業マンばかりだった
・改めてプレゼンを聞いてくれる約束がひとつもできなかった

などなど。

ではその原因は何だと思いますか?

・選んだイベントが良くなかった
・ターゲットとなる人がいなかった
・参加人数に対して時間が短かった

これらはどれも、“結果を出していない人”が並べる“言い訳”です。
本当の理由は、その人自身にあるにも関わらず、です。

まず、初めて会った人とその場で意気投合してビジネスに展開して一儲け、なんて都合の良い話は、1万人に出会って1人くらいではないでしょうか?
むしろ、イベントであなたの目の前にいる人といきなりウマい話になるなんて思わない方が良いです。

では何のためにイベントに参加するのでしょう?

それは、お互いのことを知るきっかけを作るためです。
そのきっかけが元となり、いずれかのタイミングで『そういえば、この前イベントでこんな人と出会ったから紹介するよ』という形で別の方と繋がっていくのです。

ご紹介したりされたりする場合には、お互いのニーズに合ったマッチングとなるわけですから、そちらの方がビジネスに繋がる可能性は格段に高いですよね?

だから、目の前の人があなたの商品を求めていないからと言って『収獲ゼロ』などと嘆いているようでは、その先にあるチャンスさえも自分自身で潰していることになるのです。

目の前のご縁を大切にできない人が、その先のご縁を大切にできるわけありませんから、誰もまた会いたいとも思ってくれないし、ましてや人を紹介しようなどと思うわけがありません。

■まとめ

いかがでしょうか?

・聞き上手になること
・自分のことは端的に伝えること
・また会いたいと思ってもらえる程度で切り上げるテンポで回ること

ちょっと意識するだけで、あなたも交流会マスターになれそうですね!

アポイントでも使えるポイントですので、早速今日からあなたの生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?