革靴の手入れの仕方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■はじめに

皆さんは、革靴といえばどんな印象を持っていますか?
スーツがそもそも堅苦しいイメージがあり、革靴についても何となく、サラリーマンの制服のようなオシャレ感の無いイメージがありがちですが、最近はビジネスシーンでも「オシャレ」要素が注目されてきていますよね。
今回は「オシャレは足元から」とよく言いますから、革靴に注目していきましょう!

■革靴で足元からオシャレに

足元は、身に付ける小物・アクセサリーと一緒で、性格や生活習慣が出やすい部分でもあります。
なので、ビジネスシューズ(革靴)も、時にはその人柄を判断する材料のひとつとして重要視されることもあります。
どんなに洋服が素敵でも、靴がボロボロだったり、汚れていたり、形が崩れていたりして手入れがされていなかったら、それだけで一気に全体が残念な感じになります。
見た目だけでなく、内面の部分も「雑な人なのかな」なんて印象を与えてしまうかもしれません。
また、女性は意外と足元を見ているものです。もし、印象的な素敵な靴を履きこなしていたら、例えば普通のデニムにシンプルなシャツを合わせただけでもワンランク上のおしゃれな感じに仕上がったりもします。
もし、あまり気にしていなかった人は、靴の与える印象を改めて考えてみてはいかがでしょうか^^

■どんな自分を演出したいかで選び方も違う

「ワンランク上のおしゃれに革靴」というだけでなく、どんなシーンで自分をどう演出したいかで革靴の選び方が変わってきます。
ベーシックなビジネスシューズには、「プレーントゥ」「モンクストラップ」「ストレートチップ」「ウイングチップ」という4つのデザインがあるんです。
フォーマルな形状で冠婚葬祭などの場でも着用できる万能さがあるものや、ジャケットスタイルやカジュアルスタイルなどのくずしたスタイルにとてもマッチするものなど、形やデザインは特徴が様々です。
革靴は1日履いたら、最低丸1日は休ませる方が靴にとって良いので、毎日スーツを着る方は、種類や色の違う靴を用意しておくことで、靴を長持ちさせるケアをしながら、スタイルや季節に合わせた着こなしを楽しむことができるでしょう。オシャレを追及したい人はオーダーメイドもおススメです^^

■革靴の手入れ次第で、印象も変わる!

革靴を買ったら、きれいな状態を保って履いていきたいですよね!
道具がなくても対処できることも多いですが、なるべくなら靴屋で道具を購入し、手入れをすることをオススメします 。
まずは、革靴の形崩れ防止やシワを伸ばすためにシューキーパーを入れましょう。
そして、ブラッシングでほこりや汚れを落とします。
次にクリームです。塗り方としては、ウェスで全体に薄く伸ばすように塗り、あまり多量に塗ったり、直接、靴に塗らないように気を付けましょう。そうしないと、シミ等を作る原因となってしまうのです。
靴の表面をブラッシングして余分なクリームを落とし、その後、ウェスで軽く磨きます。すると光沢が出てくるんです。
最後は、シューキーパーに入れて保管することです。シューキーパーは新聞紙を丸めたりして自分で作っても大丈夫なんです。
靴磨きは、専用の道具があれこれ必要で手間暇かかるものだと思っていましたが、ポイントを押さえれば難しいことはないんですね^^
それに毎日ブラッシングをしていれば、頻繁に靴を磨かなくてもきれいな状態を保つことができ、実際に磨くのは月に1回程度で良いのです。ブラッシングだけなら毎日行うのは簡単ですね!

■靴はあなたの価値を決める

ビジネスマンのレベルは「靴」で大きく左右されると言われています。多くの著名人がそう断言し、一流のビジネスマンこそ「靴」にこだわるのだと。皆さんも、革靴を上手く取り入れて、もっと自分を演出してみてはいかがでしょうか。

 

 

ビジネスマン必見!以外と知らない名刺入れの選び方と手入れ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*