今回特別に!年収2000万円の人のカバンの中身大公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■はじめに

年収がとびぬけている人ってみなさん「すごい!」と感じるかと思います。
よくいう一流のビジネスマンですね。
一流のビジネスマンはやはり一般の人となにか違うことってあるのでしょうか?
もちろん考え方やものの捉え方など違ってくるとは思います。
そういったものではなく、目に見えてわかるもの。
今回はカバンの中身について注目したいと思います。
年収2000万円の人のカバンの中身はいったいなにが入っているのでしょうか?
また、どういった感じの中身になっているのか?
多く見られる傾向を今回お伝えしていきます。

■無駄を無くして物を少なく

まずカバンの中は全体的にどんな感じになっているのでしょうか。
カバンの中は、結構すっきりしている割合が高いのです。
必要な物以外は持ち歩いていない感じですね。
ぱっと見でわかる物の数は、平均して7個くらいでしょうか。
ごちゃごちゃしていなく、すぐに必要な物を取り出せるようになっています。
清潔感があり、いかにもデキる人を感じられますね。
そもそもたくさん入れてしまうとそれだけで重くなってしまいますし、動くうえで軽量化は大切だと思います。
もしかしたらこれはいつか使うかも、といったものはあまり持ち歩かないのです。

■筆記用具やメモ帳など

あまり多くの物は持ち歩かないということですが、共通して持ち歩いているものもあります。
筆記用具やメモ帳、スケジュール帳です。
年収がかなり多い方は、そもそもビジネスを短期計画ではなく、長期的な計画で進めています。
そのスケジュールを管理するためにも、やはりスケジュール帳は必須ですね。
また予定を書き込んだり、メモする時に使う筆記用具も必要ですね。
頭の中にとどめておくのではなく、メモなどに書き残すことで頭の中を常にすっきりさせた状態でいるのも大切ということです。
そうすることで、脳の力を記憶ではなく思考につかうことで効率をアップさせるのです。

■目的をもって入れる

カバンの中に入れる物をごちゃごちゃしないように少なくとはいうものの、やはりどうしても多くなってしまうこともあるかと思います。
その時はしっかり目的をもって入れるようにしましょう。
というのも、結局あれもこれもになってはごちゃごちゃするだけです。
書類でしたら、書類がかさばらないようにしっかりまとめておき、取り出せるようにしておきましょう。
ジャンル分けしてまとめておくのも有効です。
そもそも自分のビジネスにとって何が必要で、何が必要ないか、よく検討すること。
余計な物を持ち歩いているこそが無駄です。
不必要な物をいれず、中身を把握していることが重要です。

■最後におまけ

カバンの中身に必要な物しか入っていないということはある意味、自己の管理能力が高いことにつながっていくと思います。
この機会にカバンの中身を見直したり、整理してみてはいかがでしょうか。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*