社会人が役に立つ業種別のおすすめコーディネート3スタイル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■はじめに

社会人になれば着用する機会が多くなるのがスーツになりますよね。
ビジネスマンとして必要なアイテムのひとつであるスーツ。
もしくは就活にも使っていたこともあると思います。
このスーツですが、いくつか種類があることをご存知でしょうか。
業界によって多少コーディネートが変わっていきます。
今回はそのスーツのコーディネートについて紹介していきたいと思います。

■銀行員や公務員などの堅めのスタイル

男性の場合、人に威圧感を与えるという理由で黒色のスーツは着用できない可能性があります。
銀行員や国家公務員など接客対応をする業界ではそういったことになりかねません。
なので、濃紺無地のオーソドックスなスーツが無難です。
ネクタイは落ち着いた柄にしましょう。
例えば、小紋柄などがおすすめですね。
靴はやはり革製の黒色ですね。
女性の場合、黒や濃紺のタイトスカートやスーツでも大丈夫です。
スカートの長さですが膝がほとんど隠れる丈が好ましい。
ブラウスは襟付きでボタンは全部留めましょう。
ストッキングはやはり肌色で、ヒールが5cmくらいまでの黒いパンプスでいきましょう。
髪が肩にかかる場合、黒いゴムで結ぶスタイルで臨みましょう。

■一般的なスタイル

一般的なスーツの着用スタイルといってもどういった感じが一般的か線引きが難しいもの。
よく耳にする会社員が着ているスーツがこれに該当すると思っていて間違いはないかと思います。
男性の場合、スーツは濃紺や濃いグレーが良いですね。
髪色も黒で耳にかからなければ、ある程度は大丈夫です。
ちなみに髪を立たせるのはNGなので注意。
ネクタイはチェック柄が良いかと思います。
女性の場合、タイトスカートスーツや台形スカートスーツが良いと思います。
色は黒や濃紺、濃いグレーがよろしいかと。
ちなみにパンツスーツでも大丈夫ですね。
ブラウスも白だけでなく、薄いブルーやピンクも可能ですね。
靴はヒールが3~5cmのパンプスが良い感じですね。

■アパレルやITなどの柔らかいスタイル

柔らかいスーツスタイルが大丈夫な業種はアパレルやIT関係になりますね。
ほかにも広告やテレビ局などもこれに該当します。
男性の場合、縦縞が入ったスーツでも大丈夫です。
濃紺やグレーですね。
シャツはやはり白が良いですね。
髪は清潔感があれば濃い茶色でも大丈夫かと。
女性の場合、まずスーツはパンツでも大丈夫ですね。
黒や濃紺、濃いグレーでも良いと思います。
ブラウスは襟が無くても大丈夫です。
髪は濃い茶色までなら良いです。
しかも、結ぶ位置がある程度高くても問題ないですね。

■最後におまけ

スーツもただ着れば良いだけではなく、その場に合わせたスーツを着用するのも大事ですね。
もちろん、同じ業界でも多少変わってくると思います。
また、カジュアルな恰好が大丈夫なところもなかにはあるかと思います。
ほかにも鞄もスーツほど重要性が高くないかもしれないが、こちらもやはりスーツと合わせた物を選んでいきたいですね。
常に身だしなみも含めてその場にふさわしいビジネスマンで臨んでいきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*