2017年 11月 の投稿一覧

10時間の削減で作業効率アップ!名刺の管理方法

■はじめに

皆さんは名刺の管理は上手く出来ているでしょうか?
日々増えていく名刺ですから、忙しい中でいかに短時間で整理できるかは重要ですよね。
営業職の男性を対象にしたある調査によると、1人が1年間で貰う名刺は平均で1173枚、名刺探しや管理に費やす平均時間は年間で10時間にもなるそうです。もしかしたらこの時間で営業に行って1件成約になるかもしれないと考えると、なかなか勿体ない時間ですよね。
今はデジタルで管理できるようにもなりましたが、自分に合う管理方法で整理していきましょう。

■名刺をもらったらまず行うことは?

名刺をもらったら、日付・場所・相手の特徴など、次回自分が見た時に思い出せるように情報を書き込みましょう。そうすれば期間が開いてしまっていても、何となく顔を思い出すことが出来たりしますし、相手にも好印象となります。
情報を書き込んだら、3種類に分けておくことをお勧めします。「すぐ利用することが分かっている名刺」「すぐの利用は無いが保存しておきたい名刺」「利用する見込みがない名刺」です。
そうすれば、すべての中から探し出さなくても、3分の1の中から探せばいいので見つけやすくなります。

■仕分け方を選ぶ

名刺をもらう取引先が比較的固定されている人には、50音順や業種・業界別に分類するほうがおすすめです。この場合、名刺ケースや回転式の名刺ホルダーに入れる方が、あとからもらった名刺も途中に入れていくことができて、順番も入れ替えやすいため、効率がいいです。
また、プロジェクトごとに仕事を進めていて最近会った人と特に連絡を取り合うことの多い人は、系列で分類するのがおすすめです。この場合は、ノート型の名刺ホルダーや名刺ファイルであれば、直近で出会った人の名刺がどこにあるか分かりやすいですよ。
私の場合は取引先がある程度固定されている方で、関わるタイミングもバラバラなため50音順で管理しています。何となく自分が管理しやすい方法としか認識していませんでしたが、名刺をもらう取引先との関わり方によって適した仕訳方があるんですね。

■名刺を定期的に捨てる事も大事

名刺管理で何が大変かというとやはり「量」です。例えば、部屋の片付けが上手く出来ない人の共通点の一つに「物が捨てられない」ことが挙げられますが、名刺管理にもそのまま当てはまります。
最初の方でお伝えしていた、3つに分類する時の「利用する見込みがない名刺」が不要と判断した名刺でもありますので、「とりあえず取っておく」といった考えを止めて捨てることも名刺管理の大切な極意です。すぐに捨ててしまうのが不安であれば期間を決めて、その期間が過ぎても使わなかったら捨てるなど決めておくと良いでしょう。

■ビジネスチャンスのさらなる可能性に繋がる?

名刺は個人が一人で仕事をする上での大きな資産ですが、それと同時に企業としても上手く集積すれば大きな財産となります。
名刺を個人ではなく会社で管理することを志向する企業が今後は増えるかもしれません。
それには管理・共有のしやすさからデジタル化が必須となってくるでしょう。

単純作業レベルの意識で取り組んでいた名刺管理が、実は大きなビジネスチャンスや成果につながる可能性もあるので、是非一度管理の仕方を見直してみてください。

 

約78%の人が間違えている!人脈拡大のイベント活用方法

はじめに

交流会というものはジャンル問わずにいろいろな方が集まります。
人脈やコネなどを作るために参加される方も多いかと思います。
私も人脈を拡大させようと参加したことがあります。
でもただ参加するだけではせっかくの交流会も意味がありません。
そこで今回はこの交流会の上手な活用方法についてお話したいと思います。

■交流会では自分を覚えてもらおう

交流会というものは人脈を広げる目的で参加される方が多いと思います。
ですが、参加したからといってお仕事に直接結びついたケースというのはほとんどないのではないでしょうか。
交流会というのは直接業務がマッチングするのは難しいことでしょう。
なので、お仕事を取るという目的は最初から諦めた方が良いかもしれません。
終始自分を覚えてもらうことに専念した方が良いです。
顔を売っていきましょう。
「自分はこういう人間です」「こういうことができます」と将来性にかけていきましょう。
紹介ツールとして名刺はもちろんホームページ等も十分用意しておくようにしましょう。
もちろんただ用意するだけでは挨拶だけで終わってしまうこともあるかもしれません。
そうならないためにも名刺やホームページを工夫していきましょう。
交流会というのは基本的に希薄な関係しかできません。
よく知ってもらうための工夫をすることが大切です。

■キーパーソンを狙う

交流会ということは主催者や主催者周りの関係者はもちろんいますよね。
交流会におけるもうひとつの活用方法がキーパーソンを狙うことです。
主催者や主催者周りのキーパーソンと関係を築くことが大切です。
交流会の主催者というのは人脈を売りにしている場合が多いです。
そもそも人脈を持っていてもマッチングしなければ意味がありません。
ですが、主催者ならマッチングさせる力があると踏んでもよろしいかと思います。
こういった交流会のキーパーソンに覚えてもらうことも活用方法にひとつです。
覚えてもらいさえすればいずれ人脈としてお仕事につながる可能性は高いです。
交流会というのは、主催者や主催者関係者などのキーパーソンに顔を覚えてもらう場所と割り切りましょう。
その方が目的もはっきりしていて動きやすいかと思います。

■お互いの知り合いをマッチング

交流会において、お仕事でマッチングすることは難しいです。
ですが、なにも当事者だけのマッチングとは限りません。
知り合いがマッチングする可能性があります。
あなたの知り合いと参加者の知り合いがマッチングする可能性はあるのです。
積極的に参加者の業務内容を聞き、あなたから先に知り合いを紹介する姿勢でいきましょう。
先手必勝ですね。
いわゆる返報性の法則を狙っていきます。
この返報性の法則を利用して、その参加者の知り合いを紹介してもらおうというのが狙いとなっております。
先に紹介をすることであなたのことを紹介する理由がないということが起きません。
立ち回り方次第では知り合いを紹介してもらえる機会を得ることだってできるのです。

■さいごに

交流会にただ参加するだけでは次につなげるのは難しいかもしれません。
事前に準備しておくことで活きた人脈として今後もつながっていけるようにすることができます。
いきなり求めるのではなく、まずは覚えてもらうことも大切ですね。
みなさんの参考になれば幸いです。


 

バカ売れ営業マン直伝!スケジュール管理3つの極意

■はじめに

多忙な毎日を過ごす私たちにとって、日々のスケジュール管理は大切ですよね。
スケジュール管理が上手くいっていないと、無理に予定を詰め込みすぎて、せっかくのご飯のお誘いをキャンセルすることになってしまうことも。
今回は、スケジュールの立て方のポイントについて、順を追って3つ、ご紹介します。

■ 優先順位を決める

スケジュールを立てるうえでまず大切なことは優先順位をつけることです。
まず、現時点で決まっている予定を全て書き出します。
少し大変に思うかもしれませんが、自分がどれくらいの予定を持っているのかを把握することを含めて、一覧にしていきます。
次に、書き出した予定の優先順位を決めていきます。
優先順位を決めるのは、気の赴くまま、なんとなく頭に浮かんだ予定から済ませていくようなやり方をしていると、締め切り間近になって、やらなければいけなかったことを思い出したり、時間のかかることをどんどん後回しにしたりして、大変な思いをすることにもなりかねないからです。
優先順位の決め方ですが、逆算して決めていくとスムーズにいくでしょう。
例えば、1年、1ヶ月、1週間、1日、のように、全体像を考えてから、細分化していきましょう。

■ 締め切りを決める

全ての予定を書き出し、優先順位を決めたら、次はそれぞれの予定の締め切りを考えていきます。
予定の中には、締め切りが決まっている物もあれば、特に決まっていない物、様々だと思いますが、決まっていない物も自分で締め切りを決めてしまいましょう。
例えば、「これを終わらせないと、あの人の仕事が進まないな。」というものは早めに締め切りを決めます。
また、「これは10日前後が締め切りになっているけれど、早めに終わらせておこう。」など、締め切りがあるものは、その1日前には終わらせる予定を組み、余裕を持っておくことが大事です。
もし、突発的な予定が入ったとしても、余裕をもって予定を組んでいれば、落ち着いて対応することができますからね。
優先順位が低く、締め切りもなくて良いような事は、組んだ予定の合間でしていきましょう。

■  毎日スケジュールを見直す

1日が終わったら、スケジュールを見直します。
予定を立てるときには、理想的な予定を立ててしまいがちです。
だから、実際にやり始めてみると、調べ物があったりして「思っていたよりも時間がかかってしまいそう…」ということも発生してくると思います。
そんなときの為に、余裕を持ったスケジュールの組み方をしているので、微調整をしてスケジュールを組み直し、追加の時間を確保することもできますね。
かといってあまりにも余裕をもたせ過ぎるとダラダラと進めてしまうので、ある程度「これは調べ物に何分かかる」などが分かってきたら定期的にスケジュールの見直しを行いましょう。
スケジュールの見直しを毎日していくと、このズレもだんだんと減っていくと思います。

■  まとめ

今回は、スケジュールの組み方について、3つのポイントをご紹介しました。

  1. 全ての予定を書き出し、優先順位を決める。
  2. 締め切りを決める。
  3. 毎日スケジュールを見直す。

この3つを意識して、上手にスケジュールを組んで、無理なく余裕を持った毎日を過ごしていきましょう。

ビギナー向けビジネスの基本思考!応用可能な営業戦略の立て方

■はじめに

皆さん、普段どのようにして営業戦略を立てているでしょうか?
戦略とは「目標達成のための長期計画を立て、そこから逆算して現時点での方向性と行動」を考えることです。
そして戦略を具体的に実行するための方法が戦術です。

営業方法はいくつかあると思いますが、今回は営業戦略の一つの方法をまとめていきます。

■新規顧客の獲得のために

初めに、新規の見込み客を獲得のためには、まずは対象の商品・サービスを知ってもらうことです。
自分たちの売りたい商品・サービスに興味をもってもらうためのファーストコンタクトとして、何をすべきかを決めていきましょう。
チラシやDMなどの印刷物・WEBやメールなどのインターネット関連・電話営業や飛込営業・展示会やセミナー等々があります。
商品に対して、何を使えば、その商品を必要としていそうな顧客の興味付けに引っかかるかを選びましょう。

どんなターゲットにどんな内容を提供するのか、そのポイントがマッチすれば、見込み客が出来ます!

■相手の課題解決でクロージング

見込み客が出来たら、悩みや課題・ニーズを知り、対象商品・サービスの検討をしてもらいましょう。
そのためには、まず自分たちの持っている商品・サービスについて知り尽くしていることが必須です。
見込み客が出来た時に、相手に合わせて様々な角度からプレゼンが出来なければ、相手の興味が覚めてしまいます。
その上で重要なことは、充分に相手のこともリサーチしておくことです。
お客様の課題が把握できたら、それを解決することが出来る商品・サービスとしてこちらの提案をし、クロージングしましょう。

相手が困っている課題に対する解決策の提案がしっかりとマッチしていれば、相手から頼りにされ相談されるようになるでしょう。
そうすればこちらの提案もより一層相手に届きやすくなります!

■既存顧客の維持

実際に購入してもらったらそこで終了ではありません。
顧客を維持するために、 課題は解決したか?改善点はないか?などを確認し、そこからさらに課題を見出し次の提案につなげましょう。
1年以上の長期で対応する必要があるため、定期的に顧客と直接接触する場を設けることも重要です。

「計画」→「実行」→「評価」→「改善」の好循環のことを「PDCAサイクル」といい、これを回すことを企業経営のあらゆる局面で重視されます。
ヒアリングなどによって顧客から吸い上げた意見やニーズは、顧客の目に見える形の「成果」に変えていく必要があります。
その姿が顧客にとっては、「提供した意見や情報が、商品に反映された」「顧客の声にきちんと応えてくれる会社」としてファンになってもらえるのです。

一点注意なのは、サービスを改善のためにニーズを取り入れていくのは重要ですが、顧客に寄り添いすぎて、商品のコンセプトや特徴がボケたり、売上に対してのサービスコストが上がってしまうリスクもあります。
なので、時には自社のビジョンに合わない顧客とはクロージングしないという決断をする勇気も必要です

■市場の状況からも考えましょう

市場が成立してからある程度の期間が経つと、競合が複数存在して競争しあう場合があります。
競合同士が自社の顧客を守りつつ、いかに相手の顧客を奪うのかを考えている状況となると、新規顧客の獲得コストがかかります。
また、既存顧客を競合に奪われないことも重要になってきてしまいます。

新しい市場と古い市場では取るべき戦略が異なりますので、自社と自社を取り巻く環境の変化をしっかり把握し、どんな優先順位とバランスで新規顧客獲得と既存顧客の維持を行うのか方向性をかんがえてみてください。

94%のお悩みが解決!仕事がデキる人に変わる手帳の使い方

■はじめに

皆さんは手帳をどのように使っていますか?
手帳は様々な種類がありますから、私は毎回買い替える時に迷ってしまいます。
そして購入すると毎度のことですが、今年の目標などやもっと長期間での計画なども何となく書いてみたりして手帳を上手く使いこなそうと張り切るのですが、意外とそんなに手帳に書き込む事がなく、日が経ってしまうとそれっきりになってしまったりを繰り返しております。
今回は仕事が出来る人がどんな手帳の使い方をしているなかをまとめてみます。

■自由に書きこむことで「観たくなる手帳」にしよう!

手帳は予定を管理するために書くのに、「手帳に書き込む時間」をそもそも予定に入れるという現象が起きます。
これでは長続きしません。
習慣化するコツは「手帳をつける時間を決めない」「開きたい時に開く」ことです。
また手帳は常に持ち歩くようにしましょう。
持ち歩くからにはファッション感覚で気持ちが上がるようなオシャレなものや可愛いものを選ぶようにすると、自然と手帳を開く習慣も付いてきます。

私の場合は中身が無地のシンプルなものを選び、シールを張ったりマーカーで色を付けたりし、自分だけのオリジナル手帳にして楽しんでます。
手帳のルールは無いので好きなことを書き込んでも貼っても良いのです。
無印良品のマンスリーノートは表紙も中身も、とにかくシンプルなので自分でアレンジしたい人は探してみてください。

■何をどんなふうに書き込む?

色ペンやマーカーペンで重要な予定を目立たせたりも良いです。
資格の勉強などであれば、勉強内容や範囲を決めて書いておくなども良いでしょう。
予定が変更になってしまってその日に対応できなくなってしまったとしても、事前に勉強を進める内容も書いておけば、勉強範囲を調整しやすいので、予定を立て直すことが出来るからです。

あとは、体調管理をしたい人は、毎日食べたものをメモするのも良いでしょう。
後々見返してみた時に、食生活と照らし合わせて体調の変化を把握することが出来るため、どんな時に調子が良いのか自分の傾向が分かり、管理がしやすくなります。

多忙な人は時間ごとに細かく予定を書き込めるようなタイプの「バーチカル」「レフト式」手帳がお勧めです(方眼タイプも細かく書きやすいです)。
時間を細かい単位で把握することが出来れば、空き時間も明確になり、無駄に時間が流れることなく有効に時間活用しやすくなります。
予定の時間を優先順位に合わせて入れ替えることが出来るので、細かい単位で書き出してみてください。

アイディアを出すことが主な仕事の人は、1日1ページタイプの手帳であれば、十分なメモスペースがあるので、その日に考えたことや思いついたことを書き込んでおくことが出来ます。

■手帳を活用して願望を達成

自分がどんな人になりたいのか、どんなものを持ちたいのか、そのために誰と会いたいのか、どういう人と会うべきなのかを明確にしてみましょう。
また最初にも言いましたが、手帳を自由なので、文字だけでなく目標をより鮮明にイメージ出来るように写真をコラージュしたり、絵をかいたりシールやペンでアレンジしてもいいのです。
手帳を見た時に思わずやる気が湧き上がってくるようなページを作ることも、モチベーションアップに繋がり効果的です。具体的に何をいつするのかを決め、一つ一つクリアしていきましょう!
そうすると自然と目標に近づいていきます!

■他にこんな手帳も!

月をまたぐ予定もひと目で分かるジャバラ式もあるんです!
あまり定番としては見かけませんが、紙の手帳とスマホの併用を考えたとき、詳細はスマホで管理し、紙では必要最小限の情報をメモ帳的に記録したいという人には良いアイテムです!

勝率9割!今すぐ実践できる失敗しない第一印象の演出とは?

■はじめに

誰しも初対面の人と会う時は緊張します。
学生にとっては新学期などのクラス替えで新しい友達を作らないといけない時、社会人にとっては取引先や転職などで新たにビジネスパートナーを築いていかなくてはいけない時など、出会いのシチュエーションは人それぞれです。
相手に好印象を与えてその後の関係を良いものにしていくには、まずは第一印象が肝心です。
しかし、その好印象を与えるためには一体どのように振る舞えばよいのでしょうか?

■9割は見た目で決まる!

性格が良いとか信頼できる人だとかいうことは、ある程度時間をかけないと見えてこないものです。
もちろん中身が大事だし、長く付き合い続けていくためには見た目より人間性のほうが何倍も大事です。
しかし出会った時の印象が悪ければ当然その信頼関係や内面の良さを引き出すことが難しくなってきます。
実際に人の第一印象は、出会って10秒で9割程度は決まってしまうと言われています。

なぜ9割以上も決まってしまうのかのいうと、人間は他の動物よりも視覚に頼る割合が高く、新しい情報を脳が認識する時には50%以上が視覚からの情報によって占められていると言われています。

■好感の持てる人柄とは?

他人から好かれやすい人はどんな人だと思いますか?
顔が可愛いとか、スタイルが良いとかで初対面でも好印象を与えることができる人もいますが、何となく愛嬌があって話しやすいなんて理由もあると思います。
まず一番大事なのは笑顔です。
不愛想で退屈そうな感じの人良い印象を持つのは難しいと思います。笑顔で自分の目を見ながら話しかけてくれる人は自然と相手にも好印象を与えることができます。
また、身につけている服によっても印象は大きく変わります。
清潔で汚れていない服を着ているかはもちろんのこと、年齢や場所に合った服を身につけているかどうかも重要なポイントになってきます。
その他にも姿勢や話し方など、第一印象で相手に良い印象を与えるには見た目が非常に大切です。
もし最初に悪い印象を与えてしまうと、ただでさえ知り合って間もない人達が、そのイメージを変えるにはある程度の時間が必要になってきます。
営業マンの場合は大事なビジネスチャンスを逃すことにもなりかねません。

■第一印象を良くするには?

人と話す時には距離感や声の大きさも大事になってきます。
初対面の人と挨拶するのであれば1.5m以上は距離をとって会話をし、声の大きさもあまり小さくならないように普段より少し高めのトーンで話しかけると良いでしょう。
言葉使いに関しても正しい日本語を使えているか、語尾を変に伸ばしていないかなど気を付ける必要があります。
また会話の内容も自分のことばかり話すのではなく、相手の話していることにもきちんと耳を傾けて時々相槌を打ちながら相手の顔を見て会話を進めていくと良いでしょう。
目を見て話すことに抵抗のある人は、相手の口元や眉間あたりを見ながら会話をすると不自然なく振る舞うことができます。
清潔感のある服装を着ていても身だしなみがきちんとしていなくては意味がありません。
髪はきちんとセットしてあるか?爪や歯は綺麗か?なども細かいところも意外と見られているんですよ。

■まとめ

第一印象を良くするためには様々な点に気を配らないといけません。そのため人付き合いを面倒に思って避けてしまう人も多くいます。
しかし、人と関わることはどんな形であれ必要不可欠なことです。
他人と上手くコミュニケーションがとれて人脈が広がればおのずと仕事もやりやすくなってきます。

仕事に関係しなくても他人と良い関係を築ける人はきっと人生がより良いものになると思います。
まずは小さなことから気を付けて第一印象を良くしてみてはいかがでしょうか。