勝率9割!今すぐ実践できる失敗しない第一印象の演出とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■はじめに

誰しも初対面の人と会う時は緊張します。
学生にとっては新学期などのクラス替えで新しい友達を作らないといけない時、社会人にとっては取引先や転職などで新たにビジネスパートナーを築いていかなくてはいけない時など、出会いのシチュエーションは人それぞれです。
相手に好印象を与えてその後の関係を良いものにしていくには、まずは第一印象が肝心です。
しかし、その好印象を与えるためには一体どのように振る舞えばよいのでしょうか?

■9割は見た目で決まる!

性格が良いとか信頼できる人だとかいうことは、ある程度時間をかけないと見えてこないものです。
もちろん中身が大事だし、長く付き合い続けていくためには見た目より人間性のほうが何倍も大事です。
しかし出会った時の印象が悪ければ当然その信頼関係や内面の良さを引き出すことが難しくなってきます。
実際に人の第一印象は、出会って10秒で9割程度は決まってしまうと言われています。

なぜ9割以上も決まってしまうのかのいうと、人間は他の動物よりも視覚に頼る割合が高く、新しい情報を脳が認識する時には50%以上が視覚からの情報によって占められていると言われています。

■好感の持てる人柄とは?

他人から好かれやすい人はどんな人だと思いますか?
顔が可愛いとか、スタイルが良いとかで初対面でも好印象を与えることができる人もいますが、何となく愛嬌があって話しやすいなんて理由もあると思います。
まず一番大事なのは笑顔です。
不愛想で退屈そうな感じの人良い印象を持つのは難しいと思います。笑顔で自分の目を見ながら話しかけてくれる人は自然と相手にも好印象を与えることができます。
また、身につけている服によっても印象は大きく変わります。
清潔で汚れていない服を着ているかはもちろんのこと、年齢や場所に合った服を身につけているかどうかも重要なポイントになってきます。
その他にも姿勢や話し方など、第一印象で相手に良い印象を与えるには見た目が非常に大切です。
もし最初に悪い印象を与えてしまうと、ただでさえ知り合って間もない人達が、そのイメージを変えるにはある程度の時間が必要になってきます。
営業マンの場合は大事なビジネスチャンスを逃すことにもなりかねません。

■第一印象を良くするには?

人と話す時には距離感や声の大きさも大事になってきます。
初対面の人と挨拶するのであれば1.5m以上は距離をとって会話をし、声の大きさもあまり小さくならないように普段より少し高めのトーンで話しかけると良いでしょう。
言葉使いに関しても正しい日本語を使えているか、語尾を変に伸ばしていないかなど気を付ける必要があります。
また会話の内容も自分のことばかり話すのではなく、相手の話していることにもきちんと耳を傾けて時々相槌を打ちながら相手の顔を見て会話を進めていくと良いでしょう。
目を見て話すことに抵抗のある人は、相手の口元や眉間あたりを見ながら会話をすると不自然なく振る舞うことができます。
清潔感のある服装を着ていても身だしなみがきちんとしていなくては意味がありません。
髪はきちんとセットしてあるか?爪や歯は綺麗か?なども細かいところも意外と見られているんですよ。

■まとめ

第一印象を良くするためには様々な点に気を配らないといけません。そのため人付き合いを面倒に思って避けてしまう人も多くいます。
しかし、人と関わることはどんな形であれ必要不可欠なことです。
他人と上手くコミュニケーションがとれて人脈が広がればおのずと仕事もやりやすくなってきます。

仕事に関係しなくても他人と良い関係を築ける人はきっと人生がより良いものになると思います。
まずは小さなことから気を付けて第一印象を良くしてみてはいかがでしょうか。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*