94%のお悩みが解決!仕事がデキる人に変わる手帳の使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■はじめに

皆さんは手帳をどのように使っていますか?
手帳は様々な種類がありますから、私は毎回買い替える時に迷ってしまいます。
そして購入すると毎度のことですが、今年の目標などやもっと長期間での計画なども何となく書いてみたりして手帳を上手く使いこなそうと張り切るのですが、意外とそんなに手帳に書き込む事がなく、日が経ってしまうとそれっきりになってしまったりを繰り返しております。
今回は仕事が出来る人がどんな手帳の使い方をしているなかをまとめてみます。

■自由に書きこむことで「観たくなる手帳」にしよう!

手帳は予定を管理するために書くのに、「手帳に書き込む時間」をそもそも予定に入れるという現象が起きます。
これでは長続きしません。
習慣化するコツは「手帳をつける時間を決めない」「開きたい時に開く」ことです。
また手帳は常に持ち歩くようにしましょう。
持ち歩くからにはファッション感覚で気持ちが上がるようなオシャレなものや可愛いものを選ぶようにすると、自然と手帳を開く習慣も付いてきます。

私の場合は中身が無地のシンプルなものを選び、シールを張ったりマーカーで色を付けたりし、自分だけのオリジナル手帳にして楽しんでます。
手帳のルールは無いので好きなことを書き込んでも貼っても良いのです。
無印良品のマンスリーノートは表紙も中身も、とにかくシンプルなので自分でアレンジしたい人は探してみてください。

■何をどんなふうに書き込む?

色ペンやマーカーペンで重要な予定を目立たせたりも良いです。
資格の勉強などであれば、勉強内容や範囲を決めて書いておくなども良いでしょう。
予定が変更になってしまってその日に対応できなくなってしまったとしても、事前に勉強を進める内容も書いておけば、勉強範囲を調整しやすいので、予定を立て直すことが出来るからです。

あとは、体調管理をしたい人は、毎日食べたものをメモするのも良いでしょう。
後々見返してみた時に、食生活と照らし合わせて体調の変化を把握することが出来るため、どんな時に調子が良いのか自分の傾向が分かり、管理がしやすくなります。

多忙な人は時間ごとに細かく予定を書き込めるようなタイプの「バーチカル」「レフト式」手帳がお勧めです(方眼タイプも細かく書きやすいです)。
時間を細かい単位で把握することが出来れば、空き時間も明確になり、無駄に時間が流れることなく有効に時間活用しやすくなります。
予定の時間を優先順位に合わせて入れ替えることが出来るので、細かい単位で書き出してみてください。

アイディアを出すことが主な仕事の人は、1日1ページタイプの手帳であれば、十分なメモスペースがあるので、その日に考えたことや思いついたことを書き込んでおくことが出来ます。

■手帳を活用して願望を達成

自分がどんな人になりたいのか、どんなものを持ちたいのか、そのために誰と会いたいのか、どういう人と会うべきなのかを明確にしてみましょう。
また最初にも言いましたが、手帳を自由なので、文字だけでなく目標をより鮮明にイメージ出来るように写真をコラージュしたり、絵をかいたりシールやペンでアレンジしてもいいのです。
手帳を見た時に思わずやる気が湧き上がってくるようなページを作ることも、モチベーションアップに繋がり効果的です。具体的に何をいつするのかを決め、一つ一つクリアしていきましょう!
そうすると自然と目標に近づいていきます!

■他にこんな手帳も!

月をまたぐ予定もひと目で分かるジャバラ式もあるんです!
あまり定番としては見かけませんが、紙の手帳とスマホの併用を考えたとき、詳細はスマホで管理し、紙では必要最小限の情報をメモ帳的に記録したいという人には良いアイテムです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*