名刺は全てにおいての”はじめの一歩”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ビジネスの”はじめの一歩”

ビジネスマンにとって必須アイテムのひとつが名刺ですよね。
初対面の人同士が交わすカードとなっています。
私も普段から名刺は持ち歩いています。
相手の情報だけでなく、自分の情報を発信するためのアイテムでもありますね。
うまく活用すれば人脈として次につなげていくことができると思います。
なのでビジネスマンこそ、より名刺を活用していくことが重要だと思います。
そこで今回、この「名刺の活用法」についてお伝えしたいと思います。

■余裕が大事

名刺というのはその人自身の情報が記入されている大切なカードとなっています。
商談などが重なると名刺はだんだんと無くなっていきますよね。
名刺を切らせてしまうと相手に自分の情報を十分に伝えることができないだけでなく、相手に覚えてもらい続けるのも難しくなっていきます。
名刺が交換できないとなるとせっかくの人脈が広がる機会もそこで無くなってしまう可能性だってでてきます。
なので基本的に名刺はギリギリの枚数なんかにしない方が良いです。
私は基本的に30枚くらいは常に入れておくようにしています。
用意しておいて損するようなことはないです。
せっかくの機会を無駄に潰してしまわないようにも名刺は切らさないようにしておきましょう

名刺がお金を生む

会社から支給される名刺というのは、あくまで社名や所属先などを伝えるものになります。
なので人脈作りに効果的かと言われるとそうではありません。
そこでおすすめなのが会社用とは別に「プライベート名刺」を準備することです。
プライベート名刺とは、つまり個人的な情報を掲載した名刺となります。
わかりやすいように実績や趣味、自己PRといった内容ですね。
これらをまとめた名刺も一緒に交換すれば印象が強いばかりではなく、会話のネタにも使うことができます。
もちろんどんな場面にも使えるわけではありません。
しかし、うまく活用すれば今後、より活かした人脈づくりが可能になってきますね。

■相手の名刺には情報を書き込む

自分の名刺も大切ですが、相手から受け取った名刺も重要です。
名刺交換したものの、いざ連絡を取ろうとした時、相手がどんな人だったか忘れてしまっては意味はがありません。
そこで忘れないためにも、相手から受け取った名刺に相手の情報を名刺に書き込んでしまうことです。
例えば、日付や場所などは最低限書き込むようにしておいたほうが良いです。
もちろん、相手と名刺交換直後、相手の目の前で記入するのは失礼にあたります。
なので、帰社後や帰宅後などに行いましょう。
私は帰宅して、頭の整理をしつつ名刺に書き込むようにしています。
できるだけ情報を書いておくに越したことはありません。
次の日になってしまっては忘れてしまうことが多くなりますので、出来れば当日のうちに書いていくようにしておきましょう。

■シンプル イズ ベスト

名刺を作成する際、注意点があるとすれば、あまり凝りすぎないほうが良いかと思います。
確かに凝った名刺は印象に残るかもしれません。
しかし、相手が名刺をどのように管理するのかによっては問題が発生してしまう可能性もあるのです。
名刺管理ソフトなどで管理する方ですと、凝った名刺デザインというのは読み込むことができない可能性がでてくるのです。
なので特に意味がなければ案外、シンプルな名刺の方がお互いのためにも都合が良い場合があります。
なので私の名刺はいつもシンプルなつくりにしています。
みなさんの参考になれば幸いです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*